手織りの製品についてはお手入れに少しだけ気をつけていただくと長くご愛用いただけます


ウールのタペストリーなど

壁に掛ける時はなるべく直射日光を避けて下さい。 日光による色あせがかなり違ってきます。

汚れが気になってきた場合は、ウールの自浄作用を利用したお手入れをして下さい。
湿度の低い、曇りの日に屋外に出して干します。 十分に空気を吸う事によってウールは自然に美しさを取り戻します。

汚れがひどくなった時は、40℃程度のぬるま湯にウール用洗剤を入れ、柔らかい布を固目に絞ってたたき洗いしてください。


ポーチ、バッグなど

ポーチは汚れてきたら中性洗剤で手洗いをして下さい。 形をととのえながら自然乾燥させ、当て布をしながらアイロンをかけます。
バッグはなるべく雨の日の使用はさけ、雨が降っていない時でも普段から防水スプレーの使用をお薦めします。
(防水スプレーは屋外で使用し、直接吸いこまないようにして下さい。)
もし、ぬれてしまった場合は吸水性の良い布(タオルなど)を中に入れて陰干し、使用素材に適切な温度でアイロンを掛けて下さい。



綿、麻素材のテーブルウェアなど


洗濯は中性洗剤を使用し、手洗いしてください。 その後タオルドライをして陰干しします。
アイロンの際は当て布をしてやさしく形を整えてください。

マット類などこまめに洗濯をしたいものについては次の通りです。
綿100%のバスマット、キッチンマットは洗濯ネットに入れて洗濯機で洗えます。
高品質の糸を使用していますが、繰返しの洗濯による色あせは出てくることはご了承ください。